贅沢な空間

f:id:waxing-and-waning_moon:20140922221958j:plain

赤坂駅につくと、気付かないぐらいの小雨が降っていた。パークビルの広場。広場の地面が濡れて、ライトを照り返してる。きれい。。。ただ、とても滑りそうで危険。。。

この突き当たりは、長い間、ローストビーフのお店だったけれど、あまり人が入っておらず、いつの間にか、割と庶民的な中華料理の店に変わっていた。中華料理に変わっても、あまり人が入っていなかった。そして、いつのまにか中華料理のお店もなくなった。。。

この場所、場所のせいなのか、何なのか、飲食店の華やかさがない。人の動きが感じられず、ひっそりと事務的な感じを受ける。これだと入りたいって感じにはならない気がする。

人の動きを感じさせて、引き寄せるには、オープンカフェにして、店の方から、もっと外に出てきたらどうだろう。。。あるいは、諦めて、雰囲気にかかわらず、用事があるひとが訪れる、本屋とかコンビニとか、ドラッグストアにお鞍替えしちゃうとか。。。集客できると、雰囲気自体も変わる可能性があるしね。。。

これまでのような、どんなひとをターゲットとしてるかわからない、かつ、背景に溶け込んでしまいそうなぐらい個性の薄い感じだと、また、経営は厳しいのではないかとまったく大きなお世話ながら考える。。。

ただし、個人的にはちょっと違う。。。このひっそりとした空間は、最近の賑やかしい街並みとは違っていて、ここを通って家路につく度、少し現実離れした雰囲気に、自分のプライベートな空間への入り口のような感じを覚えている。そんなわたしとしては、むしろこのままいてくれた方が、よいとも言える。。。

こんな賃料の高いところを空けておくなんてもったいない、という現実的な思考による、先ほどの勝手なアドバイスは、やっぱり、捨て置いてもらっとこ…。

広告を非表示にする