偶然にも、、、

今日は、地方のお取引先が東京でご用事があり、我が社にも立ち寄っていただいた。
夕飯をご一緒し、お話をしている中で、なんと出身中学が同じということが判明。父の転勤で、我々家族は一時、たまたま⁉︎母の実家のある富山で暮らしていた。そもそも、そこで若かりし父と母は出会ったんだけれど。。。
あの歴史ある(相当古びて、床が抜けるのではないかと思われた…)校舎に当校していたかと思うと実にびっくりである。
母の兄は、地元の数学教師をしており、うちの姉の出身高校でもある、その高校と同じ高校の出身であることも判明。残念ながら、伯父のことはご存知ないようであった。
母のブラコンの兄が胃癌で、比較的若くして亡くなった時、われわれ家族全員、とてもとても大きな喪失感に襲われ、既に、母とわれわれ姉妹を残し、先に東京に戻っていた父と、直ぐには別れ難く、、、学校があるにもかかわらず、父にくっ付いて行き、母、姉、わたしは、暫く、東京に滞在することになった。
それぐらい母にとってだけではなく大事な存在だった伯父、その伯父の思い出話ができると、なお良かったなぁ。。。
教育者だった伯父、現在の姉やわたしぐらいの年で、亡くなることは無念だったろうけれど、その当時の生徒さんの誰かの胸の内で、なにかの助けになることもあったんだろうか。。。だといいけれど…。
 
f:id:waxing-and-waning_moon:20141029221131j:plain
広告を非表示にする