いまは人生のどのあたり

今日は午後から、近くのホテルで、取引先の役員さんなどを対象としたセミナーだった。いま、帰ったところ。昨日の今日ということもあり、疲れた〜。足痛い。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20141106214143j:plain

朝、ヒールはきたいなぁ、とか思ってたけど、とんでもなかった。膝の方は、随分回復してるけど、まだヒールは無理。
玄関の下駄箱で、ヒールさんが履かれるのを待ってる。確かに、歩きづらいといえば、歩きづらいけど、慣れた靴なら、普通に走れるし、、、大体、ちゃんとした格好して、ヒールを履くと、気分が上がる。なんですかねー。楽な格好もいいんだけど。。。きっちり型を整えるのが気持ちいいんだろうなぁ、きっと。ぴしっとした感じ。武士が脇に、刀を差すみたいな感じかな。。。
いまは、ヒールが履けないので、ビニールの刀を差してる武士。なんか違う…。

まさか、膝を怪我するなんて思ってなかったし、こんなに長引くとも思わなかった。
これまでは、強い部分に隠れて弱い部分は、見えなかった(顕在化しなかった)けど、ここ最近は弱い部分ばかりが目立つ。。。
でも、ひとまわり程度上の方々を見ると、むしろ心身共にお元気そうにお見受けする。わたしの現時点は、丁度、岐路に差し当たったあたりなんだろうか?
受験も山場では、得意科目の点数をさらに上げるより、不得意科目をなくすことが有効といわれてた。
面白さを感じられない→嫌い→不得意。受験の時は、受験に受かるという目的設定ができず、関心の有無を優先してしまってた。
いま、ここにきて、弱い部分が目立ってきた理由は、心も身体も弱点に目を向けて対処することで、この先において、なにかを引き換えに得る、ってことに繋がって行くのではないかなと思う。
ビニールの刀を脇に差しながら、もう少し考えてみたい。。。
広告を非表示にする