あったかわんこの思い出

昨夜は、久しぶりにうちの白わんこが夢に出てきた。相変わらず、夢だけどしゃべったりはしない。。。犬っぽいまま登場。ふわふわの白い毛に触れたら、昔のまま気持ちよかった。そう言えば今日はわんこの命日だった。。。相変わらず義理堅いね、Marty、うれしいよ。
父の仕事の関係で、両親が仙台に移ってからは、わんこも南光台というところで一緒に暮らしてた。
東京から遊びに行き、朝、二階の部屋で寝ていると、トントントントンっと、軽快な足取りで階段を上がってくる音が聞こえ、その後、ドアを開けて開けてと、しゃかしゃかいう音が聞こえる。前足のツメがドアに当たる音らしい。。。
ドアを開けると、今度はベットに上がってきて、起きろ起きろと、髪を引っ張ったりする。眠たいので、わんこをお布団の中に入れちゃうと、ミイラ取りがミイラと成って、自分もお布団の中でぬくぬくすることになる。
これが毎度毎度、いつものお約束。。。わんこの愛って、あったかい。。。いまはもう物理的には無理だけど、思い出でぬくぬく。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150117231329j:plain

↑姉一家がよく似てるということで、海外に行った際、お土産に買ってきてくれたもの。相当重い。。。姉一家は、このわんこをスーツケースに入れていたため、麻薬の持ち出しか…、まさかっ…という感じで疑われたらしい。。。スーツケースを開けて、このわんこが出てきて、、、検査官も含め一同ほっとしたらしい…ははは。。。
広告を非表示にする