Take care of yourself!

平熱が高いせいか暑がり。結構、いつも36度台の後半ぐらいある。。。冬もあまり手袋はせず、ぐーをしてれば、大体あったかくなれる。寝るときは、冬でもシーツの冷たいところを探し、寝始めたらぽかぽかで、手とか足とか出して寝てる、、、というのが常態だった。いまでも、基本そう。そんな訳で、ヒートテックの有難さといったものにも、ずっと無縁であった。。。

だから、温めるという感覚をずっと持ち合わせていなかった。。。
実は、以前からそうなのかもしれないけれど、、膝を怪我してから、夕方になると脚がむくむのに注意が向くようになった。で、自分の脚を触ってみると冷たいのである。こんなに冷え冷えなのに、気付かなかったなんて。。。
暑いとぼーっとしてしまって、集中力を欠く、、、暑いのに対してはあんなに敏感なのに、冷えに対しては、こうも鈍くいられるなんて。。。自分は暑がりという意識が冷え冷えの感覚を遮断しちゃってた⁈
多分、数年の間、頭寒足熱の逆を続けていたものと思われる。。。血圧が高く興奮状態で気づかないまま、脚は冷え冷え…。膝も冷えから、いろんな巡りが悪くなったのが原因なのではないかと思ってる。自分に目が行ってなかったもんなあ…。
冷えてるとわかった途端、膝掛けが手放せなくなってしまった。。。感覚の遮断が解消された途端、今度は自己暗示が行き過ぎというか、、、でも、まあ冷え冷えでいるよりいいでしょ。。。そんなわけで、今日も湯船に浸かって、温ためておきました。自分とのコミュ障を改善!
自分のことは後回しになりがちなもの。。ご自愛くださいませ…。
 
f:id:waxing-and-waning_moon:20150128230345j:plain
広告を非表示にする