受け入れるってことについて

具体的な話は割愛しますが、、、身近な人びとを見ていて、最近気になるのが、受け入れるってことは許すってことじゃなく、諦めるってことなのかなぁってこと。見守ることぐらいしかできない身としては、まだ、はっきり分からず、結論付けるには至ってないけど、、、そんな気がする。。。
許す→そして受け入れる、という図式だとばかり思ってた。能動的なポジティブな行動から、能動的なポジティブな行動へ。だから、早く許すという境地に行けるといいね、と思ってた。それは気持ちの収まる、穏やかな状態。。。でも、期待する様相とは少し違うみたい。。。
受け入れたからにはその前に許すというのが当然あると思ってたけど、諦める→そして受け入れる、という図式も存在するみたい。。。そしてそれはポジティブからポジティブへ、といった感じじゃない。諦めて何かを手離すっていう喪失感を感じる。。。そんなことならずっと許さず、それをバネに、どこか分からないけど、より高みへ行けば、いいんじゃないかとも思う。。。
でもね、それだと実はどこにも行けないのかなぁって、、踏ん張ってるだけで、喪失感はないけど、そこにずっといるから何も変わらなくて、、、何かを掴むためには、今掴んでるものを手離してからじゃないと掴めないのかなぁってね。。。
自分の人生だから、ずっと変わらずにそこにいてもいいわけだけど、、、喪失感に苛まれた後は、手は空いてるからさぁ、、、喪失感みたいなのは一時的なもので、、、空いた手で、何かを掴むために、受け入れるんだといいなぁと思う。。。そして、元気になってくのを見守ってたいな。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150131195628j:plain
広告を非表示にする