からっ風

今日は朝から群馬へ出張。天気は晴れ!ただし、さすが上州のからっ風。

からっ風(空っ風、からっかぜ)とは、主に山を越えて吹きつける下降気流のことを指す。山を越える際に温度、気圧ともに下がることで空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降るため、山を越えてきた風は乾燥した状態となる。特に群馬県で冬に見られる北西風は「上州のからっ風」として有名で、「赤城おろし」とも呼ばれ、群馬県の名物の一つとも数えられている。wikiより


名物…とは言え、凄い風ですね。風のため体感温度はぐっと下がってます。でも、かなり早く着いたので、本日の訪問先まで歩くことにした。。。30分ほどかな。

用水に流れる水もきれいだね。空気も心持ちおいしいような。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150305221211j:plain

訪問先についてもまだ早かったので、そのまま県庁の方まで行ってきた。下の建物が県庁です。前橋城の本丸跡に、この県庁が建ってるらしい。。。開けたスペースに颯爽と建っている。確か、建物の上は展望台があったはず。今日もお山がきれいでしょうね。

今日は下からの眺めを楽しむのに留め、お仕事に向かいました。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150305221300j:plain
広告を非表示にする