よかった話。

会社の後輩に、分析しているデータベースについて説明したら、とても喜んでくれて、嬉しくなった。彼女、もともとは総務部門のひと。産休明けと共に、子育てとの両立から、業務の方へやったきた。データを扱って、商売をしているということは、もちろん分かってるけど、実際に、データベースを見る機会は今までなかった。
データベースを見るといっても、膨大な情報の全容を一覧することはできないので、ソフトを通じて、データベースにアクセスし、必要なデータをインポート。ソフトのビュー画面で、インポートしたデータのなかみを見てもらい、ソフトに簡単な集計作業を実行させた。
データベースといっても、サーバーに格納されているだけで、通常は目の前で見れるわけじゃなく、実際の作業自体を見てもらわないとイメージは湧かないと思う。そして、目に見えないことは、イメージが湧くか湧かないかで全然違う。。。理解の度合いも、興味の度合いも違ってくる。。。

お〜大きく目を見開いて、質問がどんどん出てくる。。普段慣れっこになってしまってるこちらも、そんな感動されたら、一緒に感動しちゃうよ。。

脳の何でしたっけ…⁈
そう、シナプスの新しいのができた気がします。。。
ひゃーそんな大げさな、、でも、わかる気もする。。。
でも、これでまた新たに分からないことが増えました。。。

この発言にも嬉しくなった。。そう。そうなのよね。分からないことを知る喜び、、知識欲を満たすという快楽…。それと、自分が知らなかったということを知ることで立ちはだかる知らないことの大きな領域、、自覚するに至った無知への恐れ…。

新しいことを学ぶうれしさとこわさを一緒に追体験させてもらった。。新鮮な気持ち。

これらを忘れれば多分、成長は止まってしまう。なんか大事なこと思い出した気がする。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150620183030j:image
広告を非表示にする