バロックの夕べ

 もらいもののチケット、夕方から大久保へ。大久保の教会で、バロックのコンサートを鑑賞。生誕330年ということで、バッハとヘンデルは同い年なんだね、初めて知った。。

教会でのコンサートなんて初めて。こじんまりとした家庭的な雰囲気の教会だった。。。子供の時に通っていた公文式のお教室もこんな感じの教会だったなあ。。
パイプオルガンの音が好きで、バッハとかヘンデルのCDも持ってはいるけど、声楽が付いているコンサートは初めて。。。
ソプラノの女性のとても伸びやかな歌声が非常によかった。。。あたまに響く豊かな声量で意識を変えてもらった。
 
今日の演目は以下の通り。
 
ヘンデル;合奏協奏曲op.6-4
ヘンデル;グローリア
バッハ;カンタータBWV4 キリストは死の縄目につながれたり
バッハ;カンタータBWV182 天の君よ 汝は喜び迎えられん
 
最後はイエスを讃える明るい合唱で終了。指揮者の方のコメントで、皆さんが明るい気持ちで帰れるよう、3曲目と4曲目の順番を入れ替えました、とおっしゃっていたけれど、どうもありがとうございます。確かに、助かりました。。。
 
帰りは、一緒に行った姉と新大久保まで歩いて、お肉と参鶏湯を食べてきた。ふたりともダイエット中のはずだけど、、、夏バテ防止になるでしょう。。さあ、また1週間がんばりますか。。。
 
f:id:waxing-and-waning_moon:20150712220402j:image
教会前のとても元気な樹。。
広告を非表示にする