沈黙…

先日、沈黙がこわいというのを聞いた。。ふむふむ、たまにそういうの聞くね。。わたしは機関銃のように喋ってしまうひととか、機関銃のように喋ってしまう自分という方がこわい気がするけど…。
沈黙ねぇ。。。
本は行間を読むというじゃない、、、会話だってフレーズ間を聞くっていうのがあるんじゃないかな。。
そこで遮ってしまうと物凄〜く情報量が減ってしまう。。。
そもそも話しは、どこまでが本当なのか見極めるのが難しい。。まったくの嘘なんて場合は非常にレアなケースと思われるけど、沈黙は、その間に伝わるものが大きいような気がするのよね…。
相手の人物像とか、様子とか、相手との距離感とか、ノンバーバルなコミュニケーションは、沈黙している間もやりとりされているわけで、、そして言葉よりむしろそちらの方を重視してしまうのよね。。
自分が沈黙をこわいと感じるとしたら、相手から言われたくないことがあるとか、、自分が何かをかくしておきたいとか、、何れにせよ、秘めておきたいことがある場合かな…。
不思議だね。。沈黙してれば秘めておきたいことは、表出しないような気がするけれど、、、言葉に出ないものほど、沈黙は語るのかしら…。

f:id:waxing-and-waning_moon:20151102203558j:image
広告を非表示にする