a going concern

後悔。。。
後悔については、基本的に意識しないようにして生きてる。。あーお昼ごはん、ご飯少なめにすればよかった。。。やっぱり今日は傘持ってくるべきだった。。。といったようなたわいもなく、どうでもよいことは別にして。。。
逆じゃないの?と思うかもしれない。。
でも、どうでもよいことであればどうでもよいけれど、人生に関わることで後悔し始めたら、元も子も無くなってしまいそうで…。
後悔しても、もう一度分岐点に戻ってやり直せるわけじゃないし、同じような局面が訪れるとも限らない。例え訪れたとしても、きちんと後悔の結果を活かせるとも限らない。。
後悔っていうのは何のために存在してる感情なんだろう。。。
あの時ああすれば、、あの時ああしなければ、、と過去を振り返っても、嫌な気持ちになって、気分が萎えて行くだけの気がする。そして、わたしの場合、多分、後悔したところでそれを何かに活かせるかというと、それはかなり怪しい。。。変なとこ、ぶれないし…。
でも、後悔はしない。やりたいようにやったんだもん。やりたかったのにやらなかったことに関しては、若干、心がじゅくじゅくするけれど、、、そのやらないっていう選択も自分が選択したわけだから、結果、やりたいようにやってる。
後悔の効用が理解できない以上、これからも意識しないで行きたいけどなぁ。。。
ただ、後悔といった場合に、過去にとらわれ過ぎてるのは実は自分の方なのかもしれないなあ。過去を思い出して嫌な気持ちになるとこでストップしてしまうからそこで何も進まないわけで…。
後悔がわたしに去来した時、後悔の念は何もお前はあの時ああするべきだった、こうするべきだったと諭しにきてるわけじゃなくて、、、
さあ後ろを見てごらんなさい、これがあなたの選択の結果積み上げられたあなたの道です、でも、これらは既に前提条件となったことがらです、これを前提としてあなたはこれからどんな道を作って行きたいんですか、
とあんまり喜ばしくない、できれば避けたい感情を味わわせることで、いまからを大事にするっていうのを思い出させる感じなのかしら。。。
まだまだ人生は継続中だからね。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20151122175753j:image
広告を非表示にする