away.....。

ここのところ週末はゆっくりしたい気持ちが勝っていて、あまり出歩いてなかったけど、今日は銀座まで写真展に行ってきた。。昨日からCHANELネクサスホールで石川直樹の写真展をやっているという。。。
とても好きというわけではないんだけど、、、なぜか行ってみるかなあとタイミングが合う。。
銀座、しかもCHANELですか〜、なんかイメージと違うけど、、、ま、ワンピでも着て行ってみますか。。。という訳で銀座へ。。
Apple Storeの前を通って…と思ったら、なんかお店が真っ暗で、通りに定員さんが出てきてる。なに⁈と思ったけれど、CHANELに向かう(帰りは、普通にオープンしてたので、定員さんに聞いてみると、停電になっていたんだとか。。。なにそれ、Appleがぁ⁇)。
←その後の情報によれば、どうやら爆破予告が来ていたらしい。。。
はあ、ここだここだ、CHANELのショップ。。。入り口で定員さんがドアを開けてくれる。エレベーターでご一緒した人々はどうやら中国のお金持ち⁈らしい…。店員さんも流暢な感じで中国語。。。ここは日本でも、上客は日本人ではない模様。。。
でも、店員さんたちには全く嫌な感じはない。。。こちらとしては場違い⁈な感じを受けるけど、、、店員さんたちの対応は、トレーニングが徹底されてる感じ。。一流なんですかね…。
そして、ネクサスホール。。なるほど、今回のK2登頂へのスポンサーにCHANELがなっているのね。。ここのフロアだけ、CHANELとは無縁と思しきおじ様方がたくさんいらっしゃる。。。このおじ様方が味わったaway感に比べれば、わたしはまだまだです…。
写真は、子どもの目が綺麗だったり、山と空が綺麗だったりしたけれど、、、一番行ってよかったと思ったのは、展示されていた刺繍。。。文章が添えられていて、、、K2登頂が果たされず下山した近くの村で、持参していた食料やお菓子を村の子供たちにあげた。そうしたところ、子供たちから刺繍や水晶をもらった、、、というもの。。。はぁー、子供ってやっぱり素敵。。純粋な子供たちは、とても尊き存在。。。
他の写真もよいのだけれど、今日のわたしにはあまり響いてこなかった。。ただ、何気なく撮ったものなのではないかと思うのだけれど、朝、テントの中から陽の差す雪山と雪景色を写したものがあって…これはわくわく感がなんかとても伝わってきた。。。
綺麗な景色を見るとすると、それは自分で努力して獲得した分、実物の方が何倍も何千倍も自分の目に綺麗に映るのだと思うのだよね。。。そこを敢えて写真で何かを誰かに伝えるとすると、、、実物に限りなく近いんだったら、実物の方がいいわけだし、、、なんかその人の愛情とか、がっかり感とか、あるいはわくわく感とか、、、そこにいなかったひとにも迫って来るものがあって、その感覚を知っている人にも知らない人にも押し並べて、共感できる…って感覚が必要になると思う。。。理屈は必要ないから簡単だとも言えるけれど、、、とても難しい世界ですね。。
いつもと違う帰り道を通るだけで、脳はかなり活性化されるというから、、、今日は随分と活性化されたかもね。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20151206182010j:image
広告を非表示にする