フランスの教え

f:id:waxing-and-waning_moon:20160224211251j:image

”Vouloir, c'est pouvoir.”

まずは何を望むかと言うのをはっきりさせることが必要だ。
意識をせずに、常に何を望んでいるかを把握、しかも飛び込む勇気も持ち合わせている…なんてめったにない。
あやふやなままでは決して望むところには到達できない。何故ならば、意識しなければ、到達点としての望むところが不在なままだから…。

昔、くらもちふさこの漫画の中で、きしんちゃんは言っていた。

「念じ方が足りないのさ…」

そう、念じるためには望むものをはっきりさせなければいけない。思い描かないことは実現することはないのだ。
主体的な我々のみ自分の望むものを手にすることができる。
脈々と人生は続いてく。自ら多くを望み、多くを可能とする人生がやはり素晴らしい。
流されていても、時間の流れ方は変わらないけれど、過ごした時間の重みは随分と違ってしまう。
望んで、望んで、ときには念じ方が足りなくて、、、例えそれでも、望む人生を!


広告を非表示にする