大学へ。

今日はPと大学院時代の恩師、I先生を母校に訪ねた。Pは、卒業以来、10年以上、一度も先生にお会いしておらず、今回、やっと決心して、連絡をとった。わたしも数年前にお会いして以来だ。。
大学はそのまま。先生も、先生から受け取る感じはなんら変わらない。。若い時にもっとお金を使っておけばよかったと仰ったのは印象的であった。。。先生でも若い時は我慢をし、若い時ほどいまは欲しいものはなくなってしまったということなのか。。。
経済学の問題のように、自分の置かれている制約が明確で、最大化すべき目的関数も把握できてるとよいのにね。。でも、それだと決められたことをこなすだけで、つまんないか。。あるいは分かって仕舞えば、別の要因が加わって、最適化ではなくなってしまうのかもね。
全知全能の神でも、難しいのね、きっと。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20160317223117j:image

そこにはいつもの、少しだけ小さくなった気のする大銀杏がありました。。

広告を非表示にする