読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青森での発見。

今朝はホテルの部屋で朝ごはん。昨日のうちに、空港からのバスを降りたバス停近くのデイリーヤマザキで、朝食を買っておいた。さてと、何にしようかな…。ひと通りお店の中を回ってみる。明日は、パンにしようっと。なんかパンの選択肢が違うなあ。。。これはデイリーヤマザキだからなのか、、、それとも東京と青森の違いなのか、、、多分、両方…。例えば、大阪、名古屋、高知、各県でコンビニに行くけれど、他の都道府県でコンビニに行く場合も品揃えが異なる。。コンビニには地元の食文化が反映されている。そして、東京にいるとセブンメインの生活を送っているので、デイリーヤマザキの商品には疎いのだ。。。
さて、なにやらイギリストーストなるパンがずらりと並んでいる。これしかないんじゃないかぐらいの推し方で…。
イギリストーストイギリストーストジャム、イギリスフレンチトースト、イギリスフレンチトーストハム&チーズ、イギリストースト餡子、イギリスフレンチトーストピザ、、、、、以下、永遠に続く。。。
うわ〜どれも美味しそう。。。この昭和感満載のパン、、、パンはPaulとか、ポールボキューズとか、小洒落たパンや街の焼きたてのパンなんかも大好きだけど、こういう昔おやつで頬張ったようなパンも大好き…。
夜のコンビニで相当迷い。結局、イギリスフレンチトーストハム&チーズにした。。それに、野菜を食べましょ、ということでダイコンの海藻サラダを合わせて購入。
朝起きてシャワーを浴び、コーヒー用の湯を沸かし、さてとまずは海藻サラダですね、、、とパッケージを開けた。うわ〜凄い、海藻の量が半端ない…。製造者を見てみると、そこはやはり青森の有限会社幸福の寿し本舗とある、、、ネーミングはやや気にかかるが、この海藻の多さといい下に敷かれたダイコンのシャキシャキ感といい…東京で食べている、あの海藻サラダは、同じ海藻サラダという名前で売ってはいけないだろう…なんてことを思う。。。
そして、イギリスフレンチトーストさんの方へ。。。いやあ、英国なんだか、仏国なんだか。。。こんなに大きくて全部たべれるかなあ…なんておもいながらがぶり、、、おいし〜、調理パンにありがちな油ぽさはなく、軽い感じで、しっとりふわふわ、ほんのり甘い感じも全体と調和してる。。。相当悩んだけどこれにしてよかったあ。。。
へ〜工藤パンというとこが作ってるんですか、青森には工藤さんという方が多いですよね〜なんて、俄然好奇心がそそられる。
ネットを見てみると、1966年創業の工藤パンは、くどパンの愛称で親しまれ、青森県民の皆様のソウルフードになっているとか。。。こんなに種類が…とわたしが昨日見たよりもさらに多くのラインナップがネット上では陳列されていた。
ちなみに、海藻サラダの方の幸福の寿し本舗の方は、こちらの工藤パンの子会社なんだとか…。
朝から調べちゃいました。。。
ここはぜひオリジナルも食してみなければ、、、と思っていたところ、空港のコンビニ(サークルK、サンクス)で唯一残っていたイギリストーストをゲット。これは、柔らかいイギリスパンとイギリスパンの間に、マーガリンとグラニュー糖が挟まっている…。これは美味しくないわけがないでしょ。。。小さいときは自作で作っておりました。
ということで無事購入できて幸せです。
明日の朝ごはんにしよ〜と。
それにしても、相当気を張ったものを別とすれば、日常の普段使いのご飯については、東京のものは本当にコスパが悪い…。毎日お茶を濁されてる感じ。。。日々のことだけに、ちょっぴり悲しくなってしまいます。。
もの凄い話し、引っ張っちゃった…。

f:id:waxing-and-waning_moon:20160607193906j:image

広告を非表示にする