fried-chicken

田町への帰り、途中、六本木辺りまでちぃばすに乗ることにした。乗ってみると、今日は麻布十番のお祭りと六本木ヒルズの盆踊り大会なのだとか…。
どうりで行きに浴衣姿のひとびととすれ違ったわけだ。。
そのため途中、迂回したり、遅延したりするらしい。。。
鳥居坂下でバスを降りることにした。通りは、小雨の中、お祭り気分の方々でごった返してる。早くここを脱出…。
さてと今日は何食べようか。。
あ、六本木でチキン買って帰ろうと、ネットで見ると、この間出来たばかりのフライドチキンのお店、8月で閉店なのだとか。。。
これは行くしかないでしょ、とお店に向かうと、テイクアウトはお休み中なのだとか。。。
こうなるともう気分はすっかりフライドチキン。。。近くのマルシェに入り、鶏もも肉を購入。今日のお買い得品ではありませんか…。
そういえば、随分、唐揚げ作ってない。。。

わたしにはIHの強い味方。設定温度170°にすると、ずっとキープしてくれる。

後は、最初、iPhoneのsiriに3分タイマーをお願いし、それをガイドラインに、3分の感覚を体得。

体得できたら、後はチキンが揚がる音を聞きながら、適当なタイミングでチキンを引き上げる。
なんかこのじゅわっ、じゅわって音、聞いてるだけで嬉しくなってくる。。。

食いしん坊、かつ、単純に生まれて、、、これ、ギフトなんだろうなあ。。
じゅじゅじゅと言ってるチキンをさいばしで引き上げると、さいばしを通じて油の沸騰する感じがじゅわっじゅわっじゅわっと手に伝わってくる。。。
少しびりびりするこの感じ、好きなのよね〜。

これだけ温まってるから、この後、余熱で調理が進むわけだよなあ。。
昔、理科の実験とか大好きだったけど、なんかそれに通ずるものがある。

実際にやることで、感覚で解って行く楽しさ…。

こういうのずっと楽しいといいなあ。。。

 

f:id:waxing-and-waning_moon:20160827213308j:image

唐揚げはね、、ジューシーというのより、からっ、と揚がったのが好きなのよね〜。

広告を非表示にする