読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此処

駅からの帰り道、通りの脇のベンチのとこに、小さなお靴。。
きっと誰かの忘れものだね。。。
通りに落ちていたのを拾って、誰かがベンチに置いたんだね。。
うん、この方が分かりやすい。
お父さんか、お母さんか、抱っこしてて、きっとお靴が落ちたの分かんなかったんだね。。
おんなのこ、、、多分、おんなのこは、寝てたのかな。。。
きっとお気に入りのお靴…。
お家に帰って、あ、片方ない…て話になってるね、きっと。
明日、ここにもう一度来てみるといいよ。。
お靴さん、誰かに拾われて、ベンチで待ってるよ。
どこかで何かを失くしたら、もう一度そこに戻るのがいいね。。
忘れものの方も、ずっとそこでお迎えが来るのを待ってるかもしれない。
このお靴みたいにね…。
ここだよ〜。

 

f:id:waxing-and-waning_moon:20170327205914j:image

広告を非表示にする