会話の成立。。

ひとは自分のことを喋らなければいけないという強迫観念にとらわれると、ひとと話が通じなくなる。

何故かひとの話が聞けなくなるのだ。会話は双方向のコミュニケーションの手段だ。話し手と聞き手が交互に入れ替わり、内容をあげたり、もらったりしながら、色々と考えを巡らせ、そしてまた、あげたり、もらったりするのが楽しいのだ。
一方的に話してるだけならば、それは独り言だ。聞く必要はないってことだ。。。
逆もよくない…。聞いてる風を装って、その場にいないのも罪深い。。。

 

f:id:waxing-and-waning_moon:20170711222811j:image

 

 

広告を非表示にする