味わう。

甘味、酸味、塩味、苦味、うま味、の5つが生理学的な基本味ということらしい。。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/味覚
われわれはこれらの組み合わせを味わう。。。
ここ数年来、世の中で美味しいとされるものを食す機会に幾ばくか恵まれた。。
それ以前は気付いていなかったのだけど、それまではなんとべたーっとした均一な味に固まっている食べ物を美味しいと思っていたことか、、、しかも味わうというより、just食す、、、という感じ。。
これはこれで満足度は高い…。
でも、同じ食事であるはずが、まったく異なる世界が存在する。。
味は、非常に繊細な無数の段階で出来上がっている…。
その複雑ながら、絶妙のバランスを保つものが美食なるものだ。。。
これは食すんではない、味わうものだ。。
味わわずにいられようか…。
その肌理の細やかさを口の中で、なるべく多く感じ、受け止めたい。。。
味わいはきっと無限なのだ…。

甘辛いタレのついたふっくらとした鰻を炊きたての白いご飯にのせて食べる。。。
べったりとした美味しさをかきこむ旨さだ。

今日食べた山の茶屋さんの鰻、そして白米。。
これまで美味しいと思って食べていた鰻重の味わいが、こんなに細やかな美味しさで構成されるとは…。
その繊細さを味わう、なんとしあわせ。。
いや〜、美味しかった…。

 

f:id:waxing-and-waning_moon:20170818224150j:image

 

広告を非表示にする