食べることだけが幸せ…ではありませんが、やっぱり食べることは幸せ。

今日は、姉と外でお昼を食べようと、お天気の中、赤坂方面に出かけた。いろいろと悩んだ挙句、カンガンスルレでサムギョプサルを食べることにした。まず、お約束のおかずがどん、どん、どんっと。キムチの盛り合わせ、椎茸の炒め煮、かぼちゃのポテトサラダっぽいもの、シャキシャキ感の残る切り干し大根風。これらのおかずはもちろんお代わり自由。キムチと椎茸をおかわりしちゃった。。。

白い部分と赤い部分がそれぞれきれいな本日の主役の豚肉さんを、お店のお姉さんが焼いてくれる。一通り焼き上がると、ハサミで食べやすいサイズに切ってくれるので、表面がかりっとするまでちょっとまって、白菜や、サンチュ、エゴマの葉で包んで食べる。ベーコンとかもそうだけど、豚肉って、かりっとさせると旨味が増す気がする。

白菜、サンチュ、エゴマ、、、どの葉で包んで食べるかによって、味も違ってくるので、ヴァリエーションが楽しめる。白菜は生だと意外にあっさりした味だけど、そのサクサク感が楽しい。エゴマはなかなかの曲者だけど、甘い豚肉の脂身と一緒に食べると、そのくせの部分が引き立って、いい組み合わせ。エゴマ油ってあるけど、あれもおいしいよね。エゴマのエグみは、油とよく合うのかな。サンチュは、定番の安心感。

ネギサラダも適宜包んで食べてるので、野菜の消費量は相当のもの。すっかりお腹いっぱいになった。ご飯ものは、今日は二人とも、やめておいた。野菜でおなかいっぱいになり、炭水化物さんと仲良くせずに済んでよかった。お会計は、ひとり1300円。満足感、ここらへんの相場、お店の雰囲気から判断すると割安!

われら姉妹大変満足いたしました。どうもごちそうさまでした。

f:id:waxing-and-waning_moon:20140525191846j:plain
広告を非表示にする