半期に一度の

今日は半期に一度のミニ鳥取の会。先々週の会合が台風により今日にリスケされた。ということで、FCCJへ行ってきた。。6時スタートだったため、まだ外は明るい。電気ビルの20階のため、眼下に有楽町の町並みを眺めながら、ビールを飲む。。明るいうちから飲むビール、いつもよりおいしく感じる。。。
今日の話題で特に気になったのは、以下のふたつ。まずひとつめは、井上陽水の傘がない。大学院時代の恩師I先生の好きだと仰っていた曲。先生の解釈によれば、ミーイズムの極致であり、まさに自分を表している曲というあの曲。。その言葉をお聞きしたときは、経済学の大家である先生と井上陽水という取り合わせのギャップにびっくりするやら、しっくりくるような感じを受けて、今でも覚えてる。。
今日のメンバーのおひとりで、先生より少し年上の参加者の方によれば、あの曲はラブソングなんだという。。。ひとによって、解釈はいろいろあるのね〜、と思ったけれど、よくよく考えてみると、恋愛感情というものは、最もミーイズムに陥りやすいものかもしれない、と帰り道思い立った。。
でも、I先生とラブソング…⁈
わたしの理解不足なのだろうか。。。

もうひとつのはなしは、退職した後に大切なのは、キョウイクとキョウヨウです、という話。。駄洒落なんだけどね。。。今日、行くところがある。今日、用がある。というのが大切なんだって話…。月並みなんだけど、、、諸先輩方を見ていると、ほんと、そうだよなあ…と思う話。インバウンドの世界に持ち込むことは、自由だけど、実は大変だよね。。。努力、あるのみかなぁ。。
よい刺激を頂きました。どうもありがとうございます。

f:id:waxing-and-waning_moon:20150731062451j:image
広告を非表示にする