難しい…。

訳あって、昼過ぎより姉宅に滞在中。。
ピラティスの後、吉池で購入してきた食材で、サーモンのムニエルとイカと大根の煮ものを作って一緒に食べた。
姉はおいしいおいしいと食べてくれたけど、、、煮物とか、お魚の煮つけとかってなかなか難しい。。材料と調味料を入れて、ただ煮るだけではない、何かがある。。。出来上がりはそんな凝った点があるとも思われない食べ物なのに。。
ただ煮れば、食材が柔らかくなりすぎるか、あるいは固くなりすぎる。。火の通りが不十分なものなんていただけない。。
煮た後、冷めるときに味がしみるというけれど、この過程がいまひとつなのかな。。。
母はなんでも手早く作るので、そんなに手間暇かけてるようにも見えないし、調味料とかもあまり凝ったことはしないので、ほぼ醤油とお酒ぐらいと思われるのに、母の作る煮物はなぜおいしいのか、、、。
火加減とか、タイミングとかが違うのかな〜。長年の勘…⁈あるいは愛情…⁈
やっぱプロには敵わない。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20151220213553j:image
68点ぐらい…。
広告を非表示にする