美容院に行ってきた

先日、美容師のSさんから、カラー専門の美容室という存在を教えてもらった。Sさんは、20代後半の女性。とても、腕がいい上に、お客さん目線で対応してくれる。だいたいの美容室ではノルマがあるのか、機械的に、やれトリートメントだ、炭酸スパだ、、、等々とただ勧めてくる。なにかを一方的にSさんから勧められることはない。それどころか、ひょっとして、自分のとこの損失につながるのでは?と思われることもある。仕事が丁寧で、上手いので、パーマは非常に長持ち。だから、髪にダメージを与えやすいパーマの回数も少なくて済む。そこそこのパーマで仕上げとけば、さほど経たないうちにパーマをかけることになるといったあざといことも考えない。Sさんにかけてもらうと、とっても長持ちするし、スタイリングもしやすくってとてもいいです、というと、なんか持ちがいいみたいですね、他のお客さんもそんなこと仰ってました、ってうれしそうに笑ってる。

そんなSさんから、教えてもらったカラー専門の美容室、ネットで、自分でもいろいろ調べてみると、赤坂にもあるじゃない。。。

スタイルとカラーリングのジレンマというのがあって、髪の毛は、切ってすぐよりも、2〜3週間以降ぐらいから、しっくりしてくる。他方、カラーリングは、特に私の場合、髪が伸びるのが早いんだよなあ。丁度、スタイル的にはピークと勝手に思ってる時期を境に、カラーリングが必要な時期に差し掛かってくる。この段階で、美容院に行くのは、明らかに早すぎる。ちなみに、カラーリングだけの場合、どこの美容院でも一緒で、ブロー代数千円が別途かかることになるが、この別途が非常に気にかかる。別建てだけど、カラーリングには、漏れ無くついてくることになってる。乾かすだけなのに、なぜ別建てて数千円もかかるのか、納得がいかない。

今日は、そんないろいろと必要じゃない人々のニーズを汲み取って、必要なカラーリングだけを提供してくれる美容院に行ってきた。もっともシンプルなニーズであれば、別途のブロー代に毛が生えた程度で、カラーリングしてくれる。ショート、ミディアム、ロングの髪の長さとリタッチか全体かで料金が異なる。料金を前払いし、荷物をロッカーに。お客の要望を聞く応対も、ドリンクのサービスも普通の美容院と変わらない。周りの話を聞いていると、ひっきりなしにやってくるお客さんはリピーターが多いよう。カラーリング後、丁寧にシャンプーをしてもらい、ブローは設置されているドライヤーやスタイリング剤を使って自分でやる。十分です。料金体系も納得行くし、あれっ?ってとこがなくて満足です。みんな同じ感覚なので、リピーターのひとが多いんでしょうね。うまいニッチ経営ですね。。。Sさんのお客目線の対応も、こちらの合理的な対応も、うまく気持ちを掴んでる。Sさんから他の美容師さんに変えようとは思わないし、極めて割り切れて、この美容室も利用しようと思う。押し付けはよくないのよ押し付けは。勉強させてもらいます。。。

f:id:waxing-and-waning_moon:20140302172336j:plain 

檜町公園のスズカケの樹

今頃Sさんは、昨年にオープンしたニューヨーク店にお勉強に行ってる頃だなあ。初めてのニューヨーク、楽しんでるかな?

広告を非表示にする